YOSHIの青春歌謡曲!!

〜70-80年代歌謡曲、アイドル歌謡曲〜

カリフォルニア・コネクション

79年4月発売の水谷豊の通算5枚目のシングル。
作詞:阿木燿子、作曲:平尾昌晃で、日本テレビで放映された「熱中時代・刑事編」の主題歌として大ヒット。TBS「ザ・ベストテン」では12週連続でランクインし、4週連続1位に。

当時「ザ・ベストテン」を毎週見ており、水谷豊の生出演での歌声を楽しみにしていたが、番組を欠席することが多く、非常に残念だったことを良く覚えている。ドラマの演技とは対照的に本人は極度の照れ屋で、曲を歌う前の司会の黒柳徹子とのやりとりが非常に苦手だったことが原因だと思っていた(笑)。だが、日本テレビのドラマ主題歌であっため、TBSの「ザ・ベストテン」の出演を控えていたのかも。

この曲は、外国地名のタイトル「カリフォルニア」に関する歌詞が全く出てこない。
(なお、前年(78年)の4月に発売された庄野真代の「飛んでイスタンブール」もイスタンブールに関連する歌詞がない…)

♬いつかは二人で 行きたいのさ
例えば はるかな 青い空を♬

改めて聴いてみると、「はるかな 青い空」が、アルバートハモンドが72年に発表した「カリフォルニアの青い空」を連想させるね…

♬言葉をこえた 愛もあるはず
熱く燃える 季節が ぼくらの憧憬 運んでゆくよ♬
 
このドラマで共演したミッキー・マッケンジーと3年後に結婚。
「言葉をこえた愛」を実生活でも実現させた訳だ。

f:id:YOSHI88:20190421153328j:plain